2010ドラコン決勝レポート|ワークスゴルフ

シニアディビジョン優勝!ラスベガスの世界選手権へ!!

9月18日(日)に東名CCで決勝を迎えた2011年ゴルフダイジェスト ドラコン日本選手権シニアディビジョンにて張慶元選手が今年もシニア日本一に輝いた。
東日本大会 第2予選 オープンディビジョンでもシニア選手ながら優勝を飾った張選手は、やや打ち上げのアゲンストという非常に記録が非常に出にくい状況の中で、326ヤードの記録を叩き出し、昨年のLDJ優勝に続いて2年連続で見事優勝を飾った。使用クラブは、2010年度にもキム テェヒョン選手がドラコン日本選手権で優勝を飾った弊社フラグシップモデルである「アルティマイザーV4 ドラコンATTASシャフト仕様」。シリーズ歴代最強の飛距離性能と飛びのDNAを凝縮した最強4軸カーボンの力を見せつける結果となった。

表彰後にドラコン日本選手権では4度目の出場にして、念願の初優勝を飾った張選手からは「日頃のトレーニングをダイレクトに反映させる事のできるアルティマイザーV4とドラコンATTASの飛距離性能のおかげ。ラスベガスの世界選手権でも、実力の全部を出しきりたい!」と力強いコメントをもらえた。

マキシマックス、驚異の404.5ヤード!

6月25日(土)に開催された西日本 山口大会(山陽国際ゴルフクラブ)では、東日本開幕戦となる第1予選 シニア部門でも見事優勝を果たしたシニア契約選手である竹内徹選手がマキシマックスシリーズ最新作となる「マキシマックス」で、なんと驚異の404.5ヤードというロングドライブを記録!
計測結果が発表された際、竹内選手からは「会心の一打でした。マキシマックスとスイングが完全に一致した結果ですね!」と笑顔でコメントをもらった。
まさに竹内選手の年齢を感じさせない圧倒的スイングと「マキシマックス」の従来から培った操作性の高さ・強弾道性能が噛み合った結果生まれた記録と言えるだろう。

優勝宣言!アルティマイザーV4で見事実現!!

7月23日(土)に開催された西日本大会 第5予選では、事前に本大会で必ず優勝を決めると宣言していた有島勝成選手がアルティマイザーV4を使用し、オープン部門で言葉通り見事優勝を飾った。
また、有島選手は、準々決勝では右ひざの故障に悩まされる中、340ヤードの記録を叩き出すも本年度オープンディビジョンジャパンファイナル優勝者の和田正義選手とわずか4ヤード差で敗退するも「クラブの調整はバッチリでしたし、来年度は更に上を目指したいと思います!」と来年度に向けての力強いコメントをもらえた。第5予選での優勝宣言があるだけに、来年度への期待が大きくなる。

プロゴルファー岩瀬和明選手、ドラコン初優勝!!

7月24日(日)に開催された西日本大会 第6予選オープン部門で、今回、はじめて弊社のドライバーを使用したプロゴルファーである岩瀬和明プロがドラコン初優勝!
岩瀬プロが使用したドライバーは「アルティマイザーV4」。初の長尺クラブに最初は少し戸惑った岩瀬プロだが「意外と使いやすく、すぐに自分のものに出来ました」とその操作性を実感。また、「ヘッドのほうもうわさに名高いアルティマイザーだけあって今までのクラブよりも飛びがよく、最高ですね。これからは、ワークスのクラブでせめて行きたいと思います!」と飛距離性能に関しても強い手応えを感じていた。

ドラコン選手権に続いてLDJシニアリーグ準優勝!

9月24日(土)に開催されたLDJ世界ドラコン選手権シニアリーグで張慶元選手&アルティマイザーV4がゴルフダイジェスト ドラコン日本選手権シニアディビジョン優勝に続いて、準優勝を飾った。
栃木予選オープンディビジョンでの優勝と歴代の優勝選手等の強者が揃ったLDJ最高リーグ「エキサイトリーグ」での準優勝や昨年度シニアリーグ優勝など、張選手と「相性の良い大会」だけに来年度への期待がかかる。

その他にも7月23日(土)に開催された岡山A-1フィールドOPEN大会チャレンジリーグでの内藤崇選手&アルティマイザーV4の優勝や9月24日(土)に開催された鹿児島最終大会チャレンジリーグでの有島勝成選手&アルティマイザーV4の優勝とエキサイトリーグ昇格などチームワークスのパワーをLDJでもいかんなく発揮できたと言えるだろう。

張慶元選手、L-1グランプリでも日本一決定戦へ進出!

10月2日(日)にレインボーヒルズカントリークラブで開催されたL-1グランプリシニア予選でも張慶元選手&アルティマイザーV4が見事優勝を飾った。 今回の優勝で本年度末の12月23日に開催されるL-1グランプリ 日本一決定戦へのチケットを手に入れた張選手は「今年も最後までV4でがんがん飛ばしていきたいです!」と気合十分だ。
ドラコン日本選手権シニアディビジョン優勝、LDJシニアリーグ準優勝につづいて、本年度最後のドラコン大会での活躍も十二分に期待される。

2011年度ドラコン戦績表

開催日 大会名 戦績 選手 使用クラブ
4/16 ドラコン日本選手権 東日本大会 第1予選(シニア) 優勝 竹内徹 マキシマックス / V4
4/17 ドラコン日本選手権 東日本大会 第2予選(オープン) 優勝 張慶元 アルティマイザーV4
5/28 LDJ世界ドラコン選手権 栃木予選(チャレンジリーグ) 優勝 張慶元 アルティマイザーV4
5/28 LDJ世界ドラコン選手権 栃木予選(エキサイトリーグ) 準優勝 張慶元 アルティマイザーV4
7/23 LDJ 岡山A-1フィールドOPEN大会 優勝 内藤崇 アルティマイザーV4
7/23 ドラコン日本選手権 西日本大会 第5予選(オープン) 優勝 有島勝成 アルティマイザーV4
7/24 ドラコン日本選手権 西日本大会 第6予選(オープン) 優勝 岩瀬和明 アルティマイザーV4
9/18 ドラコン日本選手権 決勝大会(シニア) 優勝 張慶元 アルティマイザーV4
9/24 LDJ世界ドラコン選手権 鹿児島最終予選(チャレンジリーグ) 優勝 有島勝成 アルティマイザーV4
9/24 LDJ世界ドラコン選手権 日本一決定戦(シニアリーグ) 準優勝 張慶元 アルティマイザーV4
10/2 L-1グランプリ 第一予選(シニア) 優勝 張慶元 アルティマイザーV4